緑青サビ

蛇口回りの緑青サビ

蛇口回りの緑青(サビ)について

台所や洗面台、お風呂などの蛇口は、水をよく使うので一番錆の影響を受けやすい箇所だと言えます。ですが、蛇口が真っ赤になる程の錆びがでているというもの廃墟などでしか知っていない方がほとんどで、それほど気にしない方が多いかもしれませんが、錆といっても必ずしも赤サビや黒サビであるとは限りません蛇口回りに緑色のカビのような汚れのようなものが付いているのを見たことがあると思いますが、実はそれが錆なのです。名前だけは聞いたことあると思いますが、それが緑青というものです。
水滴などで銅製品の回り部分的に緑色になっているのを見たことがあると思いますがそれが緑青であって、水道の蛇口についているものと同一のサビなのです。一般的にですがサビと呼ばれるものは、鉄が酸化してできた症状なのですが、この緑青は、鉄ではなく銅が酸化してできたサビなのです。銅がどこに使われているかと言いますと、実は蛇口自体に銅が含まれている蛇口が一般的です。蛇口だけでなく水道関連設備に使用されている製品には、真鍮にメッキを施してものがよく使われます。真鍮は、銅と亜鉛の合金ですので、その真鍮内に含まれている銅が酸化して緑青を発生させています。この緑青は昔は猛毒と言われていました。ですが、実際にはそれほど強い毒性はなく蛇口に付着しても特に健康に害する影響が起きることはありません。

この緑青を綺麗にする方法は、他のサビなどを除去するのと同じ方法で行います。
最初に、綺麗にゴミや付着物などをできるだけ除去してそこに酸性の洗剤を塗布します。使用する洗浄剤は、トイレ用洗剤もしくは、お風呂の水垢をとる洗剤などです。ホームセンターで蛇口の緑青落とし専用の洗剤も売っていますので、それを使用してもいいでしょう。塗布してから約10分位経過後に少し硬めのスポンジなどで磨きます。一般的な緑青はこれ綺麗に落ちます。仕上がりが気になる方は、メラミンスポンジなどで更に磨けば、より一層汚れが綺麗になります。最後に、洗浄した部分を洗い流して、車用のワックスなどを塗っておくと予防にもつながります。

サビが起きてしまう事は、多々ありますが気になったら早めの処置をした方が蛇口の寿命を長くするためにも良いと言えます。
福生市 武蔵村山市 羽村市 青梅市 佐倉市 四街道市 香取市 八街市 山武市 袖ヶ浦市 大網白里市

藤沢市 平塚市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 座間市 逗子市 茅ヶ崎市 三浦市 大和市 横須賀市