止水栓

水道知識

トイレの止水栓

トイレの止水栓(水栓)部分で起きた水漏れについてのトラブルは、一般的なケースでトイレ本体かトイレ関連の部品などの交換によって完全に解消できる主因ばかりです。水道修理の専門業者に水道工事を申込む時、必ず注意するべき点は、「水道局指定工事店なのかそうでないのか?」についてだということです。チラチを見て頼んだらとんでもない額の料金請求や手抜き工事の実施など、たくさんのトラブルが起きているようです。日本家庭のトイレで当たり前のものとなった快適な洗浄便座。最近では7割以上のご家庭で洗浄便座を使用しているということで水漏れの発生をはじめとしたトラブルが多くなっています。トイレの水が流れないようにする止水栓は、右に操作すれば閉まってくれます。作業を始める際にタンク内にまだ水が残っているようだったら、レバーを操作して排水後に修理作業を行ってください。
スマートホンなども大変なトイレつまりが発生する理由のひとつになっています。また、残飯など不要なものなどを便器の中に落っことしてしまったときでも絶対に拾い上げるように気をつけてください。トイレ内で発生水漏れ問題は、水漏れ発生個所や発生原因に応じた修理作業をしていただく必要があるのでノウハウが備わった人だけしか適確な修理は不可能です。水道に関する水漏れのときは、すぐさま修理作業をしなければいけません。そこで、気になるのは、水道修理の料金。水道を修理する場合には、一人で直せる内容の修理と技術のあるプロにお願いする修理があります。決断は難しいでしょうけど、症状によっては、ダメになっている部分だけの修理を行うよりトラブルが発生したトイレ全部の交換をする場合の方が価格的に割安になることも少なくないようです。数ある中でもこの頃の温水による洗浄ができる便座は、精密機械のような高度な技術が使われていますので洗浄便座からの水漏れというのは、単純な理由による水漏れとは異なってきます。機械のトラブルが起きている恐れもあるのということも考えられます。水道関係の修理や工事は、ちゃんと水道事業者に登録されていることが確認できる指定工事店に頼むのが最善策です。水道局などに尋ねてみると案内してくれるはずです。おおまかに10年前後使っているトイレだと丁寧に修理していただいても少し経つと漏水・水漏れの再発が続く可能性が高いのです。トイレ自体が寿命を迎えているわけですから、水栓そのものの交換が最も賢い方法です。確実な故障の詳細の確認あるいは修理の時にご利用中のトイレがどのようなタイプなのかというのは大切な情報の一つです。トイレの詳細な品番などを把握しておくべきです。バスルームでも、一番漏水の可能性が高い場所がトイレです。しっかりとトイレを締めたのにわずかでも漏水があることがわかればトイレのパッキンとかケレップ、ナットなどの各パーツを新品に交換しなければ再発する恐れがあります。予告なしに始まる水道のトイレの水漏れといったトラブルっていうのは難しくない部品交換や調整作業だけで、自分で修理していただけるときも確かにあります。夜間に非常に困るトイレの詰まりを発生させないためには、「トイレの便器には、大小便やトイレットペーパー、あるいはトイレクリーニング用のペーパー以外の異物は流さない」このようことを厳守してください。

水道スタッフ日記

トイレで水を流した後にタンクの水が止まらなくなってどうやってトイレ修理をしたらよいか困っているとお客様から電話をいただきました。トイレ水漏れが起きたのは、初めてだということだとお聞きして便器を設置してから何年ご使用になったか尋ねたところ17年目だと言う事でした。トイレタンクの内側を点検してみたところ、ポキッとフロート弁が折れていることが判明。その場でフロート弁を新品交換し無事にトイレ水漏れの解消をすることができました。トイレの水漏れで流れ続けると言う症状の時は、止水栓のネジを反時計方向に回して止水することができますので覚えておくことが肝心だと言えます。

インデックスされている事柄

市川市 市原市 浦安市 柏市 千葉市 流山市 成田市 松戸市 野田市 船橋市
我孫子市 習志野市 八千代市 茂原市 鎌ヶ谷市 銚子市 木更津市 印西市 君津市 東金市