漏水の特定方法

特定方法

壁内や水道管からの漏水を調べる方法

私たちの生活は昔に比べるとかなり質が向上しています。
日本は水道などの整備が江戸時代から行われており、水に関する技術については世界の中でもトップに位置します。
生活に必須の水は、各家庭や企業に水道管を通って運ばれます。
そのため、水道管が壊れるなどして水漏れが発生すると、生活が滞ってしまうので問題です。
そのため、様々な技術を駆使して安全に水を運べるようにしていますが、水道管も物なので必ず老朽化します。
老朽化する前に管を交換する必要がありますが、その環境などによって老朽化の速度は違い、更には壁や地面に埋まっているのですぐに対処するのは難しくなっています。
生活を送る上で、どの家庭や地域でも壁内漏水や水道管の水漏れが起こる可能性があります。
水は絶えず流れ続けるので、なるべく早くに止めて被害を少なくしなければなりません。
しかし、壁や地面の中ではすぐに水漏れ箇所が分からず、修繕までにかなり時間がかかることがほとんどです。そこで、目安でも構わないので水漏れ箇所を特定する必要があります。
水漏れ箇所特定方法としては、給水か排水かを特定することから始まります。
排水の場合は排水を流すのを止めることで、水漏れを抑えることができます。
給水の場合は、水の温度で管が違うので、どちらかを突き止めます。
その後、水道メーターを外して管に圧をかけていき、最終的には家の図面を見ながら大体の場所を考えて床や壁を壊して直すという流れをとります。
 

壁内や地中に埋まっている水道管の漏水については、かなり調べるのが大変です。また、特定するのが困難とされています。
その為、調査するのに測定機を使用しても特定するのに長時間かかる場合があります。また、大規模な建物については、漏水特定できない場合もあります。


福生市 武蔵村山市 羽村市 青梅市 佐倉市 四街道市 香取市 八街市 山武市 袖ヶ浦市 大網白里市

藤沢市 平塚市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 座間市 逗子市 茅ヶ崎市 三浦市 大和市 横須賀市