豆知識(水道関連)

豆知識

水道トラブルは、落ち着いた行動が一番です!

水道トラブルがあった場合、まず、慌てないことです。
落ち着いた行動が一番なのです。

まず、水漏れなら、水道の元栓を閉めましょう。
元栓を閉めることによって、宅内のすべての給水が止まりますので、被害の拡大がなくなります。

水漏れの理由としてもっとも多い場所としては、蛇口が挙げられます。
水漏れが起こった時には、落ち着いて慌てずに行動することが重要です。
水道修理を行う場合には、必ず止水栓を閉めてから作業をしなければなりません。一般的な止水栓は右に回すと閉栓し、左に回せば開栓します。一般的なご家庭ですと止水栓は蛇口のそばについているものですが、もし止水栓がないという場合には、元栓を閉めるしか水道を止める方法がありません。まったくの素人の方がトイレ修理を行うときは、プロの業者に頼むことをオススメします。
トイレは、いつ故障が起こるのかわからないものです。 トイレではトイレットペーパーを使いすぎたり、便が硬かったといっただけでも便器内で詰まりになることもあります。また、トイレタンクの中で水が溜まりきっていないうちに使っても、詰まる原因なのです。
まれにですが、詰まった理由が推察される場合でも修理の際に、ほかに修理の必要が見つかる場合もあるため点検も行われます。詰まり抜きは、水道修理の専門家に頼まなくても個人でホームセンター・金物屋・スーパーマーケットでも販売されている、ラバーカップを使うことで簡単に直すことができる事もあります。ラバーカップの名称はさまざまですが、トイレの詰まりを解消するための道具です。 これを何度か試してみても解決しないというときには、水道修理業者に相談する方が良いでしょう。


インデックスされている事柄

[漏水のチェック方法] [元栓の閉じ方] [水道料金の節約法] [コマパッキン] [水道管の寿命] [ウォーターハンマー]
[悪臭の原因] [便器内で溜まって水] [洗濯機の排水詰まり] [給湯器のトラブル] [風呂のトラブル修理法]
[トイレの詰まりの原因] [トイレのトラブル修理法] [トイレタンクの修理] [通気管]  [TOTO] [カクダイ]
[INAX] [LIXIL] [MYM] [フラシュバルブ修理のブログ] [トラップ] [高階層ビルの雨水菅修理方法]
[屋外マンホールからの漏水] [自分で出来る水道管の凍結を防ぐ手立て] [トイレタンク内部部品のダイヤフラム]
[建物の天井漏水を応急処置] [水洗便器の仕組みと水漏れ応急処置] [排水のトラブルについて] [浅井戸ポンプの応急修理法]
[浴槽に穴が開いた時の修理法] [トイレの水道が壊れたときの対処方] [水道の修理とは] [排水の詰まりとは]
[壁内や水道管からの漏水を調べる方法] [水漏れが起こる原因] [緑青サビ] [浴槽の修理] [蛇口のトラブル] 
[ウォシュレットの水漏れ] 

困った時に、

水道のトラブルで詰まりや水漏れが重度のときは、専門業者たとえば水道修理業者に修理をお願いすることになります。排水詰まりのときは、軽度の状態であればスッポンを使って排水口に押し付け、数回押し引きすることで解消することが多いです。ただし、異物をあやまって落としてしまったり、トイレの場合に多いのが生理用品やトイレットペーパーの芯などを流してしまったことによる排水詰まりになってしまった場合には、便器を外して詰まりものを除去したり他箇所でしたら部材の脱着をすることが必要になることもあります。個人で修理を行うには非常に難しい作業であるので水道修理業者に任せるのが望ましいと言えるでしょう。また、トイレの水漏れで一番多いのは、トイレタンクによる水漏れで、タンクとパイプ、水道栓とタンクのジョイント部分が経年劣化やさまざまな原因で水が漏れてしまうのケースがあります。前者の場合は、連結部のナットが緩んでないか、パッキンが劣化していないかを確認しナットを締めたり新品のパッキンに交換することで解決することがありますが、調整しても水漏れが続く場合には水道修理業者に修理依頼することをオススメします。水道修理業者を選ぶときは知り合いの水道業者をしていればいいのですが、それ以外ですと、大手企業であれば、本籍所在地や代表者の情報などを確認することができ、もしもの時に24時間駆けつけてくれて、何かあった場合でもアフターフォローを受けることも可能な業者を選ぶのがポイントでしょう。

水道まわり:
台所、お風呂、トイレ、洗面所、洗濯機まわり、給排水管、給湯器、水栓(蛇口)、水廻り全般。
の水道のトラブルで困ったことがあれば、当社(通称:水道修理隊)に、ご連絡ください。
当社では、無料電話相談を設立当初(会社設立した時は、どこの会社もやってなかったサービスです。)から、行っています。
突然の「困った!」時に、ご気軽にご相談ください。